威圧大好き!いろんな情報集めちゃぉ

威圧

世界一の「威圧」へ

<音楽が出ます、音量に注意>   ホームスパンの蟻川工房を訪ねた  今の代表、 伊藤さんに話を聴きに行った。 普通の住宅街の一角。 「どうぞ」 案内され、 入れば中は、別世界。 織機、糸、糸巻き車、ボビン・・・・・  紫陽花、菫、向日葵、薔薇・・・・ 訪れた3人の溜息みたいな「わ~」  まるで咲く花が糸になったよう、綺麗だ。    糸を巻く道具も、 紅を纏っている様に見えてくる。  ホントに楽しそうに、嬉しそうに語る人。それが、一本の線に連なり、面に拡がる。生地が仕立てられ、着る人の暮らしの中で、その人の一つになって行く。人から人へ、何かが紡がれる。  ふわふわ、としか言い様がない、真っ赤な「ふわふわ」軽くて、着心地いいに決まってる。    羊の毛を 洗って白くする。 たしか油分があって大変だと聞いたことがある。 工程を聴く度に、感心するばかり。 糸を紡ぐのが最も熟練を必要するとのこと。 同行したひとりは、 ちょっと染色を学んだ人。 盛り上がる二人の話を聞いてもよく分からない。  ただ、一つ、分かった事、 同じテンションを維持しないと、 どの工程もよれたり歪んでしまったりすること。     この生地を追いかけて、テーラーされて、仕立て上がり、それを着る人まで追いかけて見たくなる。 この、贅沢な蒼を着る人を     例えば、ジャケットの生地を造るとすれば、 1年で12着が、せいぜいだそうだ。  「ホームスパンは、作品ではないのです。日常生活で使う物、 使われるほどに身体に合い風合いも良くなっていきます」  なるほど、 頷いて感心するばかり。  「どんな性格なんですか?」 「子供の頃は、三日坊主でしたよ、何をやっても」 よく笑う。  「やはり、聞かせてもらいます。どうして始めたのですか?」 染色に興味があり、高校を出て京都で学ぶ、 ちょっとした縁で、蟻川工房に。 「そしたら、楽しくて楽しくてしょうがなかった」 この空間に居る事が今でも楽しいと言う。 「ホームスパンの外に、お料理やいろんなことを先生から教えてもらい、 それがまた楽しくて」  ほんとに、 輝く瞳は、真っすぐに見て来る。 人を威圧して来ない、ほどよい目力、 一緒に行ったカメラマンさん、シャッターが止まらない。 心も吸い込まれそうだ。   彼女の25年は、 おとぎ話の様に過ぎたのかもしれない。  「お会いしたのは、「いなだ珈琲舎」さんでしたよね」 4月、半ばの事。 あの時、マスターに紹介された。 今にして想えば、 カウンターで珈琲を美味しそうに呑む人を 花越しに見ていたのをマスターが悟ったのかもしれない。  丁寧に、見送られての帰り道、 忙しい時代、 だからこそ時間をかけ、 愛情を注がれ、 出来上がるのを待ってみたい。  「ホームスパン」に飾り言葉は、いらないと想った。 岩手の風土が育んだ宝物。 人は、人からエネルギーをもらうもの。 今日も、身体中に取り込んだ。  ヘリンボーン編みの濃いグレーの 似合う男になりたい。           

ところがどっこい、威圧です!

★はじめてご訪問の方へ★2012年、乳がんになってからのお話しを順番に書いてます。ゆるりとお付き合い下さいませ♪
コチラ→  はじめまして

だんだんと痛みが落ちついて入院生活に慣れて来た頃。。。

私は毎日、病院内にある コーヒー屋さんに行くのが楽しみでした

1階にコーヒーを買いに行き6階の屋上の見える秘密の(誰も来ないだけ)カウンター席まで車椅子を漕ぐ
車椅子に慣れ上手に移動してました!

だけど、甘かった。。。
ある日、姉達につきそってもらい病院の外へ出たんです
あんなに悠々と乗っていた車椅子は
少しの段差や、少しの傾きが怖いあれ?
道路の質感がガサガサして骨に響くあれれ?
そして、人から押してもらうのも更に怖い あれれれ?

小さなハンバーグ屋さんに行って
車椅子、折りたためるので置かせて下さいと言ったらすこしイヤな顔されてショックだったなー

今まで車椅子を利用してる方に土下座したい気持ちでいっぱいになりました。。。

ちょっと動けるようになったからって調子に乗ってしまったな?
これから、もし車椅子で生活になったら自分は大丈夫なんだろうか?
みんなに迷惑をかけるんじゃなかろうか?
車椅子に座ると立ってるときとちがう目線で人が横にいると威圧感があるし自転車や車が、めちゃ怖い!幅の距離感もつかみにくい
とても不安になるんです。。。
私は、今まで何をやってきたんだ。。。
お店に来店される方の中には車椅子や脚が悪い方など、不自由がある方がたくさんいらっしゃってました
リラクゼーションセラピストってなんだよぜんぜんダメじゃん!私!
これからは
もっともっと相手の立場になって考えよう体感しよう勉強しようと思いました

そして自分は、必ず歩いて生活出来るようにリハビリを続けなければ!

と固く誓いました

マイ折り畳み車椅子です

関連記事
  • 威圧新作&限定品ショップ

    威圧、いつも二十歳の夏を思い出す。なんのためらいもなく番号を押して発信しました。オットの浮気相手の実家につながる番号でした。二度目のコールで、電話に応答がありま ...

    2018/02/23

    威圧

  • 上質な威圧でエレガントに

    威圧を購入は【送料無料】を探そうこれだけ遠くまで来たんだから泊まってどこかもう一つ評判のイイコースをラウンドしていこう全員の意見はいともたやすく一致しネットで「 ...

    2018/02/22

    威圧

  • 「威圧」という革命について

    威圧大集合!!皆さま、お疲れ様です本日もご予約・ご来店、誠にありがとうございました。11/17(金)はまだお席に空きがございます。18(土)…貸切19(日)…空 ...

    2018/02/20

    威圧