威圧マニア必見

威圧

YouTubeで学ぶ威圧

今回は甘いよ!マスターツンデレの真価発揮だよ!でも甘いばっかりで終わらないから、心の準備はしておいてね? (要約だから色々と省略しています)

ーーーーー
178章?突如、顧洋がアパートメントを訪れた。顧洋も顧海と一緒に帰国していたのだ。険悪なムードの二人を見ても「そのまま続けて。気にしなくていいから」と傍らの雑誌を手に取り全然平気な模様。

しかし顧海は怒りを爆発させた。「お前が先に外へ出ろ!」しかし顧洋は例の電話記録のことを持ち出し、去る必要はないと脅す。白洛因は顧洋に関係を知られてしまったことを知りショックを受ける。

白洛因は寝室に閉じこもり、喧嘩は中断された。顧海は顧洋にここへ来た目的を聞く。顧洋は顧海の作る美味しい料理を食べに来たのだ。顧海はもうご飯の時間だと気付く。

顧海は白洛因に料理を作るのは嫌だから、顧洋の家でご飯を作ると出て行った。

顧洋の家にいても白洛因のことばかり気になる顧海。夜も眠れず深夜突然料理を作り始める。何時だと思っていると怒る顧洋。そこへ顧海の父から電話がかかり、今から顧洋の家へ来ることになる。

顧海はキッチンで料理をしているはずだったがそこにはおらず、部屋に戻り携帯を触っていた。

「家に帰らなきゃ」
「なぜこんなに早くに?」
「白洛因が恋しい」
顧海は顧洋の家を出て行った。

顧海の父、顧威霆が顧洋の家に到着。顧海がいると聞いていたのに、もういない。顧威霆は話もそこそこに顧洋の家を去る。顧洋は嫌な予感がした。『こんな時間に顧海の家に行かないよな?』

顧洋は心配し顧海に電話をかけるが、顧海は顧洋の家に携帯を置きっぱなしにしていた。顧洋は好奇心から白洛因からのメールを見てしまう。

そこには「愛してる」なら顧海が急いで帰った理由もまだ理解できるが、予想に反し、

「おなかすいた」

とだけあった。顧洋はあきれた。
ーーーーー

179章?顧海がアパートメントに帰るとドアの前で白洛因がタバコを吸っていた。白洛因の表情はとても優しく柔らかだった。

顧海は「なぜ中に入らない?ここにいたら寒いだろ」と言い、白洛因の手を取った。白洛因の手は凍えていた。
「ずっと外で俺を待ってたのか?」
地面に散らばったタバコの吸い殻を見ると明らかだった。

「お前のメール、少し前に見たところなんだ」
顧海は白洛因の顎を持ち上げた。(白洛因は6時間以上前にメールを送っていた)
「もっと早くに見てたら、すぐに戻ってお前にご飯を作っていた。もう食べたのか?」

白洛因は答えなかったが、顧海には何も食べていないことが分かった。
「さあ中に入ろう。何か作ってやる」
顧海は白洛因を引っ張ったが、白洛因は動かなかった。顧海は白洛因を包み込んだ。

「中に入ろう?」顧海は優しく頼んだ。
「もし俺がまたバカみたいな態度を取ったら、すぐに殴っていい。どんなに俺が怒っても、もう二度とお前を家に一人で置き去りにしないから」

白洛因は優しく顧海の首をなでた。顧海は「もしお前が中に戻らないなら、俺がドアを通過しても意味ないじゃん」と言い、白洛因の髪を愛しげに触った。顧海の心は締め付けられ、後悔で焼け焦げそうだった。

「これから先、お前を置いていかない。もう二度とな」顧海の言葉を聞き、白洛因はついに口を開いた。

「お前がいない20日間、一番辛かったのは一人で眠ることだった。いつも横の空いた場所を感じるたびにそこには誰もいなかった。目を覚ましても、もう一度眠ることはできなかった。実際、それが得に怖かった。お前に何かが起こることが怖かった。だから敢えて考えないことにした。毎晩目を閉じて自分に言い聞かせた。お前がそばで横たわってるんだって。心が辛すぎたから飲んだ。俺が他人と寝たのは仲間を探していたから。だからパニックに陥らなかった。実際、そいつが誰だかは関係ない。俺が眠っている限り、そいつはお前に違いないんだ」

この言葉は顧海の心を揺り動かした。顧海はもっと連絡すべきだった、自分勝手だった、お前の気持ちを無視したと謝罪した。

彼らは仲直りし、キスをした。最初は優しく、次第に激しく…

エレベーターのドアが開いた。しかし彼らはお互いに没頭し気付かなかった。

顧威霆がここに来たのは息子の顔を見に来ただけだったが、彼の人生の中で最も忘れられない時間となった。

顧威霆は顧海を白洛因から無理矢理引き剥がし、無慈悲にも蹴った。顧海はスチール製のドアに頭を打ち付けられた。顧威霆は手を振り上げ顧海を殴ろうとした。

白洛因は顧威霆の前に立ちふさがった。顧威霆は人を怖がらせる威圧的なオーラを出していた。

「お前なら殴らないと思うのか?」
顧威霆は白洛因を睨みつけた。顧海は白洛因を自分の後ろに引っ張った。
「白洛因に触れるな!」
「私に何を言った?」
「俺を殴り殺そうが異論はない。でも白洛因には触れるな。もし彼を殴ったら、お前を父と呼ぶのを止める!」
「お前が私を父と呼ぶことに何らかの価値があるとでも思うのか?」

顧威霆は顧海の襟をつかみ、物凄い力で引き摺り出した。
「今ではお前の様な息子がいないことを強く望む!」
「今さら後悔しても遅すぎる。俺を産むよう母に言ったのは誰だ?」
「お前!」

三人は部屋の中で話を続けることにした。
「おじさん、全部俺のせいなんです。俺が最初に顧海を誘ったんです」
顧海はこれを聞くと不安でパニックになった。
「俺の身代わりになる必要があるのか?」
「心配しないで。お前の父さんは俺に何もしない」

顧威霆は彼らは長い間一緒に住んでいて、彼女もいないからこの様な関係になったのだと考えた。顧海はこの考えを否定した。
「俺たちは以前彼女がいた。でも愛し合ってるから男女間の恋愛は諦めて、代わりに後戻りできないこの道を選んだけれど、俺たちは少しの後悔もない!」

おわりーーーーーグーパパことグーウェイティン滅茶苦茶怒ってて怖いよ!次回は二人は試練を受けます。

威圧が携帯から激安で購入できる専門店です

相変わらず威圧感たっぷりのヤンマースタジアムです。
以前は画像の左端に写りこんでるキンチョウスタジアムに行ってました。
そのヤンマー

でかい。
そして…

お客さん少ない(^^;

これだけ少ないと、逆に気持ちいい( ´∀`)

すげー(^^)
こんなにすごい会場で行われた試合は…

1試合だけ

強豪のパナ様と…
Battle9から勝ち上がったオール三菱ライオンズ。

ライオンズ…

魅せてくれましたよ・゜・(つД`)・゜・
別立てで当然書きます。
が…
点差以上に魅せてくれた。
どこまでもタッチダウンを獲りに行こうとする姿が素晴らしかった。
攻略法も、必殺技も無いんですよ。
使いきってますから。シルバースター戦で。
だからこそ、今まで練習してきたものを吐き出そうとしたと思いますし、あれだけの魅了な試合になったと思います。

らいおんちゃん。
頑張りました。
メンバーひとり一人の個性が集合体となって表現されてました。

その後ろ姿。
威風堂々としてました(^^)

関連記事
  • 威圧新作&限定品ショップ

    威圧、いつも二十歳の夏を思い出す。なんのためらいもなく番号を押して発信しました。オットの浮気相手の実家につながる番号でした。二度目のコールで、電話に応答がありま ...

    2018/02/23

    威圧

  • 上質な威圧でエレガントに

    威圧を購入は【送料無料】を探そうこれだけ遠くまで来たんだから泊まってどこかもう一つ評判のイイコースをラウンドしていこう全員の意見はいともたやすく一致しネットで「 ...

    2018/02/22

    威圧

  • 「威圧」という革命について

    威圧大集合!!皆さま、お疲れ様です本日もご予約・ご来店、誠にありがとうございました。11/17(金)はまだお席に空きがございます。18(土)…貸切19(日)…空 ...

    2018/02/20

    威圧