わたしと、ずーっと得点

得点

「どうも毎日だるい」そんなあなたのための得点

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆「圧倒的に勝ちたい」と羽生選手は五輪シーズンフリーに4回転ルッツを組み込んだ。彼は初回で成功させた。しかし王者を突然の試練が襲う。内村選手が羽生選手に送ったエール五輪前に4ルッツ練習中に大怪我を負った羽生選手は回復が遅れ全日本を欠場。団体戦も見送ることになり五輪に間に合うのかと不安を煽る報道も多々あった。 だが内村選手は2月9日に開幕する平昌五輪の注目について問われると「やっぱ羽生くんですよ」と即答した。 内村選手も昨年10月に同じく足首を痛めていた。目指した12月復帰も叶わなかった。「同じらへんのところをケガしている。痛みとかも分かる。同じ採点競技だし、そういうのを考えると・・・」と内村選手は羽生の心境に思いをはせた。 「連覇をして欲しいしこの状況で連覇したら、かっこよすぎる」「最後は気持ちの強い人が勝つ」と話していた。 羽生選手が4か月ぶりに立ったのは五輪の大舞台だった。ぶっつけ本番だ。恐怖心はないか?試合勘は大丈夫か?足は?ジャンプは?スタミナは?メディアは騒ぎ立てたが彼は落ち着いていた。 羽生選手の66年ぶりの連覇が決まると内村選手は「すごい。僕からしたらありえない」と絶賛した。内村選手は恐怖心をなくし試合勘を取り戻すとがんばっていたが2月の試合では結果がでなかった。さらに4月末の全日本では連覇が途切れた。 3位だった。仕方なかった。まだ傷は癒えていなかったから。次こそはと私は期待した。そして5月のNHK杯に ついに強い内村が帰ってきた!10月の怪我から7か月が経っていた。 内村航平復活!NHK杯逆転10連覇「多分、全日本で負けたからこれがあると思うんですよ。全日本で勝ってたらなかったかもしれないし。一度負けて、いちから自分を見直せたのが今日の演技につながった」と敗北からはい上がっての優勝をかみしめた。キングが復活した。4月の全日本選手権の得点を持ち点とし(内村3位スタート)、男子個人総合が行われ、内村航平(29)が合計258・629点で10連覇を達成した。 全日本は3位だったが、この日の6種目で安定した演技を披露して全日本1位の谷川翔(19)、同2位の白井健三(21)を鮮やかに逆転。今大会2位以内の条件を満たし世界選手権(10~11月)の代表にも決まった。
 7連覇が懸かっていた昨年の世界選手権は、予選の跳馬で左足首を痛めて無念の途中棄権。  全日本でも3位に敗れ、連覇は10でストップした。 重圧から解放された29歳は、今大会に向けて「勝ち続けるという部分では何もなくなってしまった。自分の演技だけと向き合えてきた」と話していたが、唯一残っていたNHK杯のタイトルを防衛した。

昨年の世界選手権には悔しさしか残っていない。「体操をする場所を奪われた感じ。落ちるところまで、落ちた」。 リベンジするため、代表入りという第一関門は突破。団体総合の連覇、個人総合のV奪回へ。 キングが、再び王道を歩み始めた。///////////////////////////////////////////////////////////////////// 羽生選手と内村選手昨年秋共に大技に挑戦した代償の大怪我を負ったそれは王者たちの限界を超える挑戦だった 年が明けても足首の痛みは引かなかった。だが羽生選手は平昌五輪で内村選手はNHK杯で共に鮮やかな復活を遂げた 2人の思考回路には共通点があるといわれるそして互いを意識し学びあい刺激しあっている姿が心に響くのだ 頭脳派の2人は復活のために考え抜いた。内村選手の深い着地も練習の工夫の賜物だった。大会よりも種目と種目の感覚を短くして体に負荷をかけた。 全日本優勝の谷川選手は内村選手の最後の演技が完璧だったので動揺したという。 共に美しい技を極める2人にはさらなる王者の品格で世界を魅了してほしいその姿が後に続く後輩たちの生きた教材となるだろう 「最後は気持ちの強い人が勝つ」と羽生選手のエールを送った内村選手今回の勝因は経験云々以前にその「強い気持ち」だったと思う。10歳も違う若手を美しい体操で圧倒した内村選手挑戦者ゆえの大怪我を乗り越えた10連覇おめでとうございます。  本物であること   落合陽一本気で何かをやっている人たちにしか生み出せない価値、「本物」があることを知ること、それはとても重要です。 本物には時間的な蓄積、本質的な価値があります。 最近、オリンピックとか見ているとすごく感じます。アスリートは純然たる複雑性がなくて、すごく誠実だなと。 何かを成し遂げるためにはやらなきゃいけないことがあって、ずっとそれをひたむきにやってくる。 そういう人じゃないとオリンピックで金メダルを取れないのかもなと思います。 例えばフィギュアスケートの羽生結弦選手を見ていると、ものすごく尊いと思います。フィギュアスケートは、人類がやっている中で一番速いスピードで動くダンスですね。圧倒的に速い。 その高速の中で跳んだり回ったり演技する。これはものすごく尊いことです。 テレビでズームされて一部を切り取ったものだけを見ていると、時間性と空間性が失われてしまうから、「羽生君かっこいい」それで終わってしまうかもしれません。でも本物を実際に見ることにはとても価値があるし、本物とそうでないものにはものすごい違いを感じます。 「現代の魔法使い」といわれるメディアアーティスト落合陽一さんの話より 前記事「多くの未知数を抱えた大会だった」(オーサーコーチ)https://ameblo.jp/bluedragonaz/entry-12377159059.html 関連記事「二人の五輪王者羽生・内村に共通する思考回路」https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=12330434010 https://ameblo.jp/mydesu/archive1-201802.html 

得点のお買い得を探すならココ

[広告] 楽天市場

  • グリップ7色付(赤、黄、黒、紫、空、藍、青)太鼓の達人専用マイバチ/グレープパープル/髑髏(ドクロ)エンブレム/黒胡桃/黒クルミ/ブラックウォールナット/ロール仕様/テーパー加工/アーケードゲーム/wii//握りやすいグリップ/ドン、連打、高得点/ロール/初心者から上級者
  • 【中古】NDS 得点力学習DS 小学校要点まとめ
  • 【中古】得点力学習DS 中学実技4教科
  • トランジションバスケットボール ディフェンス→得点へつなげるテクニック (B.B.MOOK バスケットボール強豪校シリーズ)
  • ゲームチップ2号 (得点数字入りチップ6色×25枚=計150枚入)
  • 形式別演習・公立入試の国語 解法+得点力が身につく出題形式別トレーニング (公立高校入試シリーズ)
関連記事